ブロッコリーに含まれる揮発性の化学物質

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、白癬菌というカビが陰嚢、股部、お尻などの部位にうつり、棲みつく感染症であり即ち水虫です。
杉花粉が飛ぶ春に、小さなお子さんが発熱はみられないのにくしゃみを連発したり鼻水が止んでくれない状態なら、もしかしたら『スギ花粉症』の恐れがあるかもしれません。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘発する悪質な物質を身体の内側で解毒し、肝臓の性能を強める性能が確認されています。
フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓に存在している解毒酵素の効率的な生産活動をサポートしているかもしれないという事実が判明してきました。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに代わって、原則無料の定期接種集団接種ではなく小児科などで接種するという個別接種の扱い
基礎代謝量というのは目覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持など)のに要る基本的なエネルギー消費量のことを指しています。
ハーバード・メディカルスクールの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2カップ以上カフェインレスコーヒーに変えると、なんと直腸癌の発症リスクを約5割も減らせたらしい。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる働きが一段と認知されてはいますが、これ以外にも肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えるということが確認されています。
ポリフェノール最大の長所は水溶性のビタミンCや脂溶性のV.E.などとは性質が異なり、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ効果を持っています。
内臓脂肪症候群であるとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多く蓄積しやすいようなタイプの悪質な体重過多を抱えてしまうということで、あらゆる生活習慣病を発症しやすくなります。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によって判断することができますが、ここ数年で肝機能が減衰している人が微増していると報じられています。
学校や幼稚園など大勢での団体行動において、花粉症の症状が主因で友達と同様にはつらつと運動ができないのは、患者である子どもにとっても辛いことです。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずに動かなくても燃える熱量のことですが、大方を体中の骨格筋・最大の臓器である肝臓・脳の3種類が占めるというのが今や常識となっています。
肝臓を健康に保ち続けるためには、肝臓の解毒する作用が低下しないようにする、言いかえれば、肝臓の老化対策を迅速に開始することが重要だと言われています。
バランスの取れた食生活や体を動かすことはもちろんのこと、健康増進や美容を目的とし、欲しい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを飲む事がまったくおかしくなくなったようです。