うつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニン

年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が見られるのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロールなどとは違っており、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を防ぐ効果を発揮するのです。
WHO(World Health Organization)は、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎが皮膚の病気をもたらすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロを使用する行動の禁止を主に先進国に喚起しています。
アルコールを分解するという作用のあるナイアシンは、宿酔に効果的な成分です。不快な二日酔いの主因物質とされるエチルアルデヒドという化学物質の分解に携わっています。
トコトリエノールの効果としては酸化を遅らせる効果が殊更有名だと思いますが、この他に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが知られています。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、大変強くて重くない上に耐久性に優れており、雨などで濡れても使えるという特長があるため、現在の日本のギプスの定番製品となるまでに浸透しました。
世間では水虫イコール足、ことさら足指の間に発症する病気だと思われていますが、白癬菌が感染する所は決して足だけではないので、体中どこにでも感染してしまうという可能性があるので注意してください。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みのブロック、様々な器官の覚醒などを支配していて、鬱病の人は働きが弱くなっていることが明らかになっている。
万が一検査で恐れていた通りエストロゲンなどの分泌量が基準値よりも少なくて早発閉経(POF)だと分かったら、不足している女性ホルモンを補ってあげる手当などで治すことができます。
環状紅斑というのは輪状、すなわち輪っかのような円い形状をした赤い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な名前ですが、誘因は余りにもいろいろだといえるでしょう。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血液の流れが途切れ、酸素や大切な栄養を心筋に配達できず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなってしまう大変重い病気です。
内臓脂肪タイプの肥満が診られて、脂質(lipid)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2項目以上該当する状態のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けました。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保有していない普通の人にも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの指示通りに使うことで、心室細動に対する緊急処置の効果を発揮してくれます。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から出血する病状を表しているのです。
肝臓をいつまでも健康に維持するには、肝臓の解毒作用が下がらないようにする、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング術を実践することが重要だと思われます。