月別アーカイブ: 2016年10月

体脂肪率というのは、体内の脂肪の占有する度合いのこと

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体内の脂肪の占有する度合いのことを言い、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(キログラム)÷体重(キロ)×100」という計算によって調べられます。
季節性インフルエンザのワクチンでは、数多くの研究結果から、予防接種の効果を見通せるのは、ワクチン接種を受けた2週後位から150日位ということが分かりました。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長期間継続すると、全身の血管に強い負担となり、頭頂からつま先に至るまであちらこちらの血管に障害が生じて、合併症を併発する蓋然性が拡大するのです。
ほとんどの場合は水虫といえば足を想像し、中でも足の裏や指の間に発症する病気だと捉えられていますが、白癬菌が感染する場所は足だけではなく、全身どこにでもかかるという危険性があるのです。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素の順調な産出活動を促進しているかもしれないという可能性が明らかになってきたのです。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも同じですが、数値の評価レベルは国家によって少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と広報しています。
必要な栄養素を網羅した食生活やスポーツは当然のことですが、肉体や精神の健康やビューティーアップを目的とし、目当ての栄養を補うために色々なサプリメントを飲む行為が一般的なものになったようなのです。
結核への対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に準拠して行われてきましたが、56年後の平成19年からその他の感染症とひとくくりにして「感染症新法」に沿って行われる運びとなりました。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって罹患するウイルス感染症であり、免疫不全となって些細なウイルスなどが原因の日和見感染やがん等を併発する病状全般を指し示しています。
痩せたいあまりにカロリー摂取を抑制する、食事を抜く、そんな生活のスタイルが結果的に必要な栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘引していることは、頻繁に危惧されていることです。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさは毎日少しずつ聴力が低下していきますが、大体において還暦を超えないと耳の悪さをあまり認識できないのです。
毎日の規則正しい、穏やかな暮らしの継続、腹八分目を志すこと、無理のないスポーツや体操など、古典的とも思える自分の体への思いがお肌の老化防止にも役立つといえます。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適応している予防術や治療方針といった基本の措置は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わりません。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)になります。
寝姿を見ることなどで、当事者が動物をすごく愛おしいと感じることでオキトキシンが分泌された結果、ストレスを和らげたり癒やしに繋がっているといわれています。